和歌山カーコーティング・ガラスコーティング施工車

お問い合わせはこちら

ブログ

和歌山カーコーティング・ガラスコーティング施工車

2019/11/28

こんなところにもキーパーコーティング

ガラスコーティング

和歌山ガラスコーティング・洗車専門店キーパープロショップ高野口SSです。

 

ここ最近お天気が余りよくないですね。今年の冬は暖冬だそうですね。けど今日は、高野山の奥にある護摩壇山に雪が降って薄っすら積もったそうです。暖冬といってもやはり冬ですから寒いですよね。

 

今年も残すところ1ヶ月となってきました。

12月は沢山の方にキーパーコーティングの良さを分かって頂きたいと思います。

キーパーコーティングはこんなところにも施工されています。それはレースカーです。

キーパー技研はレーシングチームを所有しておりそのレースカーにもキーパーコーティングが施工されています。

レースは過酷な条件の中でもキーパーコーティングはしっかりボディーを守っています。その過酷な中で養われてきたのがキーパーコーティングなのです。そのレースの中で養われてきたコーティングを皆様の車にも施工して頂き、キーパーコーティングの素晴らしさを実際に体感して頂きたいと思います、

12月はキーパーコーティングキャンペーン!!を開催いたします、

この機会に是非キーパーコーティング施工して頂きたいと思います。みなさんのご予約お待ちしています。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

カーコーティング 洗車の専門店 キーパープロショップ高野口SS  (川福石油株式会社)

〒649-7203 和歌山県橋本市高野口町名古曽942-1

ご予約・お問い合わせは 0736-42-2210

URL:http://www.kawafuku.jp/menu.php

大人気のダブルダイヤモンドキーパー・ダイヤモンドキーパー・クリスタルキーパー ボディーガラスコーティング・ボディーポリマーコーティング ホイールコーティング・ヘッドライトコーティング ガラス撥水加工・鉄粉取り・室内清掃 など 新車コーティング、経年車のリフレッシュコーティング 車のキレイ お任せ下さい!! 当日施工も大歓迎 代車の貸し出しもOKです。

営業時間 平日・土 7:00~20:00 日・祝日 8:00~20:00

橋本市・かつらぎ町・那賀郡・紀の川市・岩出市・和歌山市・五條市・河内長野市 泉南市・海南市・有田市・御所市・大淀町・岸和田市・貝塚市・泉南市・泉佐野市

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

悲願のドライバータイトルは逃すも、今シーズン初優勝でチームチャンピオン獲得!

天候に翻弄された今年のスーパーGT選手権もいよいよ栃木県にある「ツインリンクもてぎ」にて最終戦を迎えた、今週末の天気予報では最終戦になりやっと安定した天候の元、レースが行えるよう予報となり、さらに最終戦はポイント獲得によるウエイトハンディもなくなり、本来の実力での勝負となる為、なおさら天候に左右されないレースをしたいところである。

前日に行われた予選ではQ1を担当した平川亮が2番手にて予選Q2へ進出をはたし、スターティンググリッドを決めるQ2をニック・キャシディーが担当した。ゆっくりと念入りにタイヤに熱を入れいざアタックラップ、3つのセクターに分けられているこのサーキットにおいて、セクター1、2を全体のトップタイムで通過するも最終のセクター3で若干タイムが伸びず、そのタイム差がそのまま順位へ影響され4位にて予選終了、シリーズチャンピオン獲得のために乗り越えなければいけないライバル6号車の先行を許してしまった。

気温20℃、路面温度26℃、曇り空の中時より薄日が差す天候の元、スーパーGT最終戦ツインリンクもてぎ大会の決勝日を迎えた。栃木県警交通機動隊先導のパレードラップを終えファーメーションラップスタート、まだ熱の入っていないタイヤで抜群の速さを見せるスタートドライバーのニック・キャシディーがスタート直後の第3コーナーの進入で若干アウトに膨らんだチャンピオン争いをしているライバル6号車のミスを逃さずイン側にマシンをねじ込み3位に浮上、さらに2位走行のニスモ23号車を猛追し続け、6周目の同じく第3コーナーでGT300クラスのマシンをうまく使い技ありのオーバーテイクで2位浮上!オープニングラップで現在5番手の6号車との差をさらに広げることに成功、さらにトップを行くチームメイトの36号車との間を徐々に詰めていく。

36号車との差は詰まるもののオーバーテイクの難しいこのサーキットでKeePer37号車は早目のピットインを選択、ピットウインドウの空いた19周にピットイン、ステアリングを平川亮に託す、翌20周周回時に36号車がピットイン、タイヤ交換、給油作業を終えKeePer37号車の前でピットアウトするも、アウトラップで冷えた状態の36号車に襲いかかるが、ギリギリのところでGT300クラスとの巡りあわせが運悪く36号車の前に出ることができず、2位のままの周回を重ねたるが、周回数32周目、3コーナーでアウトに側に膨らんだ36号車のイン側に滑り込みオーバーテイク!トップに浮上する

そのまま順調に周回を重ね2位以下を大きく引き離し今シーズン初優勝!天候とウエイトハンディの影響がないレースで実力での速さを証明した!しかし、ライバル6号車が2位に入った為ドライバーチャンピオン獲得にはならずも見事「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」は2019年チームチャンピオンを獲得した。